スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
Comments*0 / Trackbacks*0
キシリトールガム・事件簿 キャバリア
ラスタ君は、また異物を食べてしまいました。
キシリトールガム≫です。


ラスタ君は、昨夜の22時過ぎに
ガムを食べてしまいました。
気づいた時には、ガムの包む銀紙だけが
6枚ほど散らかっていました。

時間が遅いため、病院に行くかを迷ってしまい
行くのをヤメました。

インターネットを観ると、キシリトールガムが有害らしい、
情報が載っていました。
食べてから30分以上、経過してしまいました。
キシリトールは血糖値を下げてしまう危険性があり、
それを防ぐためには、ブドウ糖が必要だそうです。

ラスタ君は急いで一日分のご飯を食べて、
ブドウ糖を吸収しました。

今日の朝はいつもどうりの体調でした。
昼にフンをした時に、ガムのかけらが混じっていました。
動物病院に電話したところ、
「体調が悪くなければ、とりあえずは様子を見てください。
 心配なら来院してください。」
とのことでした。

ラスタ君は夕方にフンをしました。
銀紙が混ざっていました。
夜の20時頃に、ラスタ君の体調はとても良かったのですが
心配のため、病院に行きました。
ガムを食べた時に迷わずに、病院に行けばよかった事を
後悔しました。
そして、今は行かないと後で必ず後悔する事と、
後で心配しなくて済むことが分かりました。

病院では、
ラスタ君の体調が良いので、血液検査もありますが、
様子を見るようにとの事でした。

ラスタ君は迷わずに
今日、血液検査をしてもらう事にしました。
ラスタ君は、右腕に消毒液を塗り
ゴムでかるく腕をしばり
血液を摂取しました。
20分くらい待ち結果がでました。
異常なしで、とても好調な状態でした。

気になっていた、血糖値も肝障害系の値も
標準値でした。
ただ、肥満犬のラスタ君は
コレステロールの値がギリギリ標準値で
気をつけないといけません。

ラスタ君は帰り道、またフンをしました。


キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル

病院〈入院〉
Comments*1 / Trackbacks*0
スポンサーサイト
-
Comments*0 / Trackbacks*0
☆Comments★
管理者の承認待ちコメントです。
-
2008/02/23 7:21 PM
☆CommentForm★










☆TrackbackURL★
http://rasuta-dog.jugem.jp/trackback/173
☆Trackbacks★
InternetExplorer Only